福島就労支援センター

営業・受付時間:9:00~18:00
電話番号:070-4419-8412
トップ > 子ども教育支援 > スタディセンター

スタディセンター

震災から10年、まだ支援を必要としている人たちはたくさんいます。

そんな被災地の子どもたちに、無料の学習支援教室を開催しています。

そして貧困は、子ども達の生活や気持ちにも影響し、世代間を超えて連鎖していきます。

NPOの活動を通じて、被災地には、金銭的理由と通学困難を理由として塾に通うことができない子どもたちがたくさんいるという現実を目の当たりにしてきました。

そこで今回、被災地の子どもたちが気軽に通える学びの場所として、学習支援教室「スタ☆セン」を設立しました。

私たちが普段、避難者への就労支援活動で就職支援をしている家庭の多くが、生活保護、母子家庭、ひとり親などです。そのような家庭が多い理由に、震災や原発事故の影響で仕事を失ったり、家計を支えていた家族を亡くしたり、ストレスで働けなくなってしまったことがあげられます。

このような方々の話を聞いていく中で、「子どもの教育費」に関して不安を抱いているという声をよく耳にしてきました。「充分に働けない状況で、子どもを学校に通わせられるだろうか」、「子どもがやりたいことにお金と時間をかけてあげることができるのだろうか」といった不安の声、それと共に、「教育費の支援や、無料の学習支援があれば…」との声も多く耳にしました。
そこで私たちは、経済的な理由で塾に通うことのできない子どもたちをサポートしていくために、無料の学習支援教室を開催することを決めました。

東日本大震災から10年が経過した今、被災地が必要としている支援のかたちも変わってきています。

震災から10年経った今でも、福島では震災の影響に苦しんでいる人たちがいます。
勉強を教えるだけではなく、授業以外にも2か月に1回、保護者と一緒に学校や家庭での悩みを確認します。
授業と自習の間にも、コミュニケーションをとることができる時間を作り、心のサポートも行っていきます。